求人の数と好待遇がすごい!ドラッグストアの薬剤師募集

ドラッグストアは忙しい?薬剤師のお仕事

どこでも大きな文字で書かれている「薬剤師募集」の求人ポスターや求人広告。調剤薬局以外でも最近では、ドラッグストアでよく目にしますよね。どうしてこんなに薬剤師が求められているのでしょうか。また、どこで働くのが一番いいのでしょうか。「未経験者OK」「ブランクがあっても大丈夫」は本当なのでしょうか。せっかく頑張って取得した薬剤師免許ならフルに利用しない手はありません。ドラッグストアの好待遇の理由を調べてみました。

品出しはしなくてもよいお店がある?

薬剤師募集、しかも高給で好待遇を謳っているところはドラッグストアですね。街の至る所にあり、早朝から深夜まで営業しているところはたくさんあります。取り扱っている商品は、最近ではお薬以外も多く、スーパーマーケットと変わらないところもあります。ドラッグストアで処方箋を受け付けるところは増えてきています。患者さんを毎月確実に取り込めますし、「調剤基本料」が取れるのでお店としては大きなメリットがあります。また薬剤師がいれば第1類薬品が販売できます。ドラッグストアでは薬剤師を確保するために品出しをしなくていい、調剤だけに専念してくれればいいと明文化した募集もあるほどです。

せっかくとった免許は活用しましょう

登録販売者は第2類と第3類の薬品しか販売できませんが、薬剤師がいれば第1類の薬品を売ることが出来ます。第1類薬品とはドラッグストアで手に取れないガラスケースの中にあるものです。処方に注意が必要なため、専門家である薬剤師が対応することを義務づけられています。第1類薬品の代表的なものはH2ブロッカー含有薬などです。効果が高く、本当に胃が痛い、頭が痛いときにさっと治るお薬です。そうです、ドラッグストアに早朝や夜に駆け込む人は本当に体調が悪いのです。でも、病院は開いていない、時間がないからドラッグストアに来ています。第1類の薬品が売れることはお店にとってもお客様にとってもメリットがあります。せっかくとった薬剤師の資格。勉強に費やした努力も金銭的なものも大きかったはずです。タンス資格にせずにフルに活用しましょう。

薬剤師の派遣では、資格を生かしながら効率良く働ける点が魅力で、魅力的な求人が豊富に揃っているため、こだわりを持った求人探しが可能です。