マンスリーマンションの特徴を知っておこう

初期費用があまりかからないからお得

マンスリーマンションは、今や都会で無くとも見つけることが出来ますが、マンスリーマンションがそこまで流行ったのは、それなりの理由があります。まず、初期費用が安いことですね。普通、賃貸住宅を借りる時にはなんだかんだで家賃の5倍から6倍のお金を支払わなければならないのですが、マンスリーマンションは基本的に敷金や礼金がありませんので普通の賃貸に比べると大幅に安く借りることができます。また保証人が必要ないところも多いのです。

保証人が必要ない理由とは?

普通の賃貸住宅では、保証人を必要としています。保証人を必要とする理由は、単に借主が家賃を支払ってくれなかったり、原状回復義務を果たさずに姿を消してしまったり、近隣に迷惑をかけて損害賠償請求がされた時に支払わないなどの問題が生じたときの保証になりますね。マンスリーマンションで保証人がいらない理由は、保証会社が保証をしてくれるからなのです。マンスリーマンションの不動産会社には契約をしている保証会社があり、その保証会社が借主を保証している以上保証人を用意する必要は無いわけです。

住人の質についても知っておこう

このように、マンスリーマンションは様々な特徴があります。少なくとも借主にとっては都合がいいことが多いですね。借りる時にラクに借りられることがやはり大きなメリットと言うことが出来るでしょう。ですが、その反面気を付けておかなければならないことがあります。それは、住人の質です。たまたま入院でそのマンションに短期的に滞在したり、地方から出てきた受験生が都内の大学を複数受けるために直前期に上京してきた場合などであれば問題ありませんが、マンスリーは保証人が必要ないから借りるという人の中には、質があまりよくない住人もいますので要注意です。

マンスリーマンションとはひと月ごとに契約をして使用できるマンションのことです。出張者がホテル代わりに使用したり、緊急避難的な引越しなどに重宝されています。