どんなバイトをすれば良い!?自分に合ったバイトを探そう!!

まず自分が何タイプかを知ろう

バイトをする時どんなバイトなら楽しく続けられるか考えますよね。そんなときは自分が外派か内派かを考えてみましょう。これはアウトドア、インドアという訳ではなく、外に発信するのが好きなタイプか内側に蓄積するのが好きなタイプかと言うことです。いろいろな情報を発信するのが好き、誰かに話したいという人は体を動かして色々な人と関わりを持つ仕事に向いています。逆に知った情報は自分の中にとどめてじっくり吟味することが好きだという人は黙々とやる仕事が向いているでしょう。このように初対面の人と話すことは好きか、1人の作業は辛くないタイプかなど自分のタイプを知ると、どんな事に向いているかが見えてきますよ。

やりたくないことを考えてみよう

バイトを探すとき多くの人が考えることは何がやりたいかです。しかしその考えで行き詰まった時は逆に何は絶対にやりたくないかを考えると良いですよ。時給が低いのは嫌だと考えるなら短時間で効率よく稼げるところにい行くべきです。楽しめないのは嫌だと思うなら多少時給が低くても好奇心をくすぐられ、楽しめそうな場所を選ぶと良いでしょう。このようにやりたくないと思うと事を考えてからバイトを探すというのも1つの手ですよ。

1度バイトの候補先に行ってみよう

バイトの応募項目には事務的なことしか書かれていません。実際に始めたら思ったよりも良い場所じゃなかった、という状況を避けるためにも余裕があれば1度応募する前に候補先に行ってみると良いでしょう。飲食店などは店の雰囲気を掴みやすく、店員の動きやコミュニケーションの取り方を見る事で自分の働く時の雰囲気が掴みやすくなりますよ。また店の質は清掃や棚の陳列などに表れます。そういった場所もチェックすると良いかもしれません。

工場の求人では、主に、ライン作業や商品を積んだり動かしたりする作業を募集しています。また、朝や深夜など時間によっても求人があります。