メリットいっぱい?コンビニ夜勤のアルバイト

コンビニってどんな仕事ですか?

コンビニエンスストアは全国いたる所にあり、年中無休で24時間営業しています。絶えず営業しているお店を15人から20人くらいのアルバイトが交代してシフトに入り、運営します。基本的に仕事はレジ接客ですが、最近はコンビニエンスストアで提供するサービスが増え、覚えることが比較的多いです。宅配便の受付や料金収納、チケット発券など、最初はお客さんの前で戸惑ってしまうことも多いでしょう。しかしすぐに慣れてきます。さらに、お客さんを待たせないように動きに気を付けながら様々な作業を行います。夜勤アルバイトは清掃と商品の陳列が中心ですが、作業量が多いので要領よく進める必要があります。他にもフライドチキンなど、店内で調理する商品の準備もあります。

どこに行っても使える商売の基本が学べます

学生の方は長期アルバイトそのものが初めてという方もいるのではないでしょうか?コンビニでアルバイトをしていると接客を含めた商売の基本を学べます。普段、生活しているとわかるように、コンビニエンスストアの商品はとても身近なもので、店員に説明を受けないとわからないものではありません。裏を返せばアルバイトをするのに専門知識が不要だということです。大事なのは言葉づかいや清潔感、軽快な動きです。仕事を通じてそれを身につけることができます。夜勤アルバイトは慣れてくると売場作りも任されます。本部が作成したある程度のマニュアルがありますが、どうしたらものが良く売れるかを考えるきっかけになります。これからの人生でどんな商売をするにしてもお客さんを相手にします。コンビニでのアルバイト経験はきっと役立つでしょう。

毎日コンビニに行けるメリット

コンビニでアルバイトをすると、当然週に何回もコンビニへ行きます。そこで自分が必要な買い物をすれば、プライベートでわざわざコンビニに行く手間が省けます。仕事場の中にATМまであるのです。時間の節約になりますし、働く店で買い物をすると上司は大喜びです。他にも新商品を必ず手に入れられます。すぐに売り切れそうなものでも、納品されて真っ先に触るのはアルバイトですから、欲しい商品は殆どの場合、自分用の「お取り置き」が可能です。夜勤なら雑誌も一番早く読めます。ささやかなものですが、コンビニのアルバイトには多くのメリットがあります。

コンビニのバイトをするのであれば、出来るだけ夜勤シフトに多く入るようにしましょう。日中の忙しい時間を避けられる上、深夜手当てまで付くためです。